阪神が5年ぶりの7連勝。ガンケルはリズムよく6回を1点に抑え、無傷の4連勝とした。一回に大山の犠飛で先制し、三回は糸原の適時二塁打、大山の2点打などで計5点を加えた。ヤクルトは前半の失点が重く、この...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) プロ野球TOPへ