DeNAが終盤に追い上げて引き分けに持ち込んだ。0―2の七回にソトの今季初本塁打で1点を返し、八回にオースティンの適時内野安打で追い付いた。巨人は今村が七回途中まで1失点と好投したが逃げ切れなかった...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) プロ野球TOPへ