ソフトバンクは2―4の九回、中村晃の1号2ランで追いつき、引き分けに持ち込んだ。2番手の津森が七回に勝ち越しを許したが、後の投手陣が無失点でつなぎ、最後は森が三者凡退とした。西武は抑えの増田が誤算だ...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) プロ野球TOPへ