体操の東京五輪代表選考会を兼ねた個人総合の全日本選手権は15日、群馬県の高崎アリーナで開幕し、女子予選で2連覇を目指す村上茉愛が跳馬、床運動で高得点をマークし、4種目合計56・266点で首位に立った...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) 体操TOPへ