【ニューヨーク共同】来年の北京冬季五輪出場枠が懸かるカーリング男子世界選手権第7日は8日、カルガリーで1次リーグが行われ、日本代表のコンサドーレは韓国に10―7、中国に7―6と連勝し、通算成績を6勝...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) カーリングTOPへ