日本ソフトボール協会は23日、東京五輪代表の15選手を発表し、エース上野由岐子や外野手で主将の山田恵里が選ばれた。上野と並ぶ投手陣の柱で、投打の「二刀流」で注目される藤田倭も入った。 ...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) ソフトボールTOPへ