【ウラジオストク共同】スポーツ仲裁裁判所(CAS)は13日までに、今夏の東京五輪と2022年北京冬季五輪に参加するロシア選手が、国歌代わりにロシア民謡として日本でも有名なソ連時代の流行歌「カチューシ...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)