ハンドボール男子の世界選手権は21日、カイロで2次リーグが行われ、1次リーグを24年ぶりに突破して2組に入った日本(C組3位)はアルゼンチン(D組2位)に24―28で敗れて8強入りの可能性が消滅した...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) ハンドボールTOPへ