【ジュネーブ共同】重量挙げのドーピング問題を調査している国際検査機関(ITA)は18日、2016年リオデジャネイロ五輪の男子77キロ級で金メダルを獲得したニヤト・ラヒモフ(カザフスタン)と同級のドゥ...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) 重量挙げTOPへ