【ジュネーブ共同】ロシアの組織的なドーピング問題を受けて国際オリンピック委員会(IOC)が不正防止を目的に設立した国際検査機関(ITA)は21日、東京大会以降の五輪で採取検体の保存と再検査を強化する...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)