ロシアのドーピング問題を巡ってスポーツ仲裁裁判所(CAS)が同国選手団を東京五輪・パラリンピックなど主要大会から2022年12月まで除外する裁定を出したことを受け、日本オリンピック委員会(JOC)の...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) 体操TOPへ