日本山岳・スポーツクライミング協会は12日、国際連盟による五輪出場基準の解釈変更の取り消しなどを求めたスポーツ仲裁裁判所(CAS)への提訴が棄却されたと発表した。また、CASの判断の受け入れも表明し...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) 山岳TOPへ