【ジュネーブ共同】世界反ドーピング機関(WADA)が12日に開いた理事会で、9月の検査数が1万8580件にとどまり、昨年比で約3割減少したことが報告された。新型コロナウイルスの感染拡大で大会中止が相...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)