【ジュネーブ共同】世界反ドーピング機関(WADA)は22日、重量挙げの不正を巡る暫定的な調査結果を公表し、6カ国の計18選手が尿検体のすり替えに関与した疑いがあると明らかにした。国名や選手名は示さな...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) 重量挙げTOPへ