四国での初日を迎えた東京五輪聖火リレーは、徳島県で15日午後も続いた。昭和時代前半の町並みが残る内陸部の神山町などを経て、海峡の渦潮で有名な鳴門市へ。海のそばにある同市のゴール会場では、徳島の夏を彩...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) マラソン・駅伝TOPへ