明徳義塾中学・高校で鍛えた松山英樹選手(29)が、日本ゴルフ史の新たなページを開いた。米国で行われた男子ゴルフの最高峰「マスターズ・トーナメント」を日本人で初めて制覇。高知の日々を知る県民は12日、「まさか!」と驚き、「感無量です」と涙した。

 松山選手が中高時代によく練習していたスカイベイゴルフクラブ(須崎市浦ノ内福良)。クラブ主催の大会で一緒にラウンドした高知市の男性(75)は「スラ~、ヒョロ~と頼りなかった」と話す。それでも飛距離はあったそうで、「『すごい飛ぶね』と声を掛けたら、『アザマスッ!(ありがとうございます)』って元気に返事をしてくれたな」
<記事全文を読む>