男子ゴルフで日本人初のメジャー大会優勝を果たした松山英樹の快挙を用具の面で支えたのが、使用契約を結ぶ住友ゴム工業(本社・神戸市中央区)だ。早朝の吉報に、同社社員らも喜びに浸った。

 「サポートしているメーカーとしても、ファンとしても、社員一同祝福している」。広報担当の浅妻肇さんは感慨を込めて語る。社員同士はメールなどで喜びを分かち合い、中には涙を流した社員もいたという。

 松山はプロに転向した東北福祉大学時代の2013年、同社の傘下、ダンロップスポーツ(同)=18年に吸収合併=と契約。クラブやボール、キャップ、ウエアは同社のブランド「スリクソン」を使用してきた。...    
<記事全文を読む>