ゴルフの第38回岐阜オープンクラシック2021(岐阜新聞社 岐阜放送主催)最終日は11日、各務原市須衛天狗谷の各務原CC(6917ヤード、パー72)で決勝ラウンドを行い、竹谷佳孝(エー・エム・エス)が通算7アンダーの137で初優勝を果たした。ベストアマには通算3アンダー、141で杉浦悠太(日大)が輝いた。

 首位タイでスタートした竹谷は、前半アウトでスコアを一つ落としたが、インでは2バーディーノーボギーと巻き返し、2位に1打差で頂点に立った。

 大会は2日間の36ホールストロークプレーで実施。決勝ラウンドには10日の予選を通過したプロ、アマ計79選手が出場した。...    
<記事全文を読む>