陸上の男子砲丸投げ高校記録保持者、アツオビン・ジェイソン(19)が福岡大に進学した。大阪桐蔭高3年だった昨年11月に高校生史上初の19メートル超えとなる19メートル28で自らの記録を更新した逸材は2024年パリ五輪を新たなターゲットに福岡の地で力をつける。

■父はガーナ出身

 日本の砲丸投げの歴史を変える可能性を持った男だ。アツオビンは「パリ五輪を目指したい」と静かに意欲を語った。

 ガーナ出身の父と日本人の母の間で育ち、中学までブラジル発祥の格闘技「カポエイラ」に取り組んだ。「しなやかな動きと体を思い通りに動かすことができるようになったことが砲丸投...    
<記事全文を読む>