東京五輪・パラリンピック組織委員会と道、札幌市は19日、同市内で実務者会議を開き、来月5日に同市中心部で行われる五輪マラソンのテスト大会で開催予定だった10キロの市民マラソンについて、実行委が中止を決めたことが報告された。国内外のトップ選手が走るハーフマラソンは予定通り実施し、マラソン日本代表の男女6人のうち5人が出場する予定。新型コロナウイルスの感染対策のため、沿道観戦は自粛を呼び掛け、テレビやラジオなどでの視聴を促す。

 テスト大会は、道や札幌市などによる「北海道・札幌マラソンフェスティバル2021実行委員会」の主催で、市民マラソンは2500人が出場予定だった。実行委は...    
<記事全文を読む>