陸上の日本グランプリシリーズ神戸大会、第69回兵庫リレーカーニバル(4月24、25日・ユニバー記念競技場=兵庫陸上競技協会、神戸新聞社など主催)のグランプリ種目に出場する選手が決まった。新型コロナウイルスの影響で昨年の大会は中止となったため、2年ぶりの開催。今夏の東京五輪日本代表の2選手をはじめ、男子5種目、女子6種目に約130人(9日現在=ペースメーカー2人を除く)がエントリーし、熱戦を繰り広げる。(金山成美)

 女子の1万メートルは東京五輪マラソン代表の前田穂南(天満屋、尼崎市立園田東中出身)が出場。松下菜摘(天満屋)、逸木和香菜(九電工)、森田香織(パナソニック)らが...    
<記事全文を読む>