福井市城東3の101歳、石田要一さんは陸上競技・砲丸投げのマスターズ男子95〜99歳部門で、5メートル58の日本記録を持つ。今の目標は来年5月に関西地方で開かれる「ワールドマスターズゲームズ(WMG)」に出場し、世界記録を出すこと。「世界一にならなあかん。二位ではあかん」とあくまで頂点を目指す。

 (成田真美)
 
 一九一九(大正八)年生まれの石田さんは大野市出身。無類のスポーツ好きで、本業である時計修理の仕事の傍ら、陸上競技やグラウンドゴルフ、ゲートボールなどに打ち込む。
 
 砲丸投げを始めたのは二〇一六年、九十六歳の時。...    
<記事全文を読む>