バスケットボール男子のBリーグ1部(B1)は18日、川崎市とどろきアリーナなどで6試合が行われ、東地区の上位対決で川崎は千葉に80─73で勝って38勝16敗とした。34勝14敗となった千葉の黒星で試合のなかった宇都宮の東地区優勝が決まった。

 SR渋谷は横浜に85─71で勝ち36勝19敗、A東京は北海道に71─70で競り勝ち30勝19敗とした。

 西地区は名古屋Dが滋賀に92─72で快勝し、30勝23敗とした。

ラスト5試合、難敵続く

 中央に切れ込んだ辻から外で待つヒースを経由し、フリーとなった...    
<記事全文を読む>