バスケットボールB1は18日、各地で6試合を行い、東地区2位の千葉が川崎に敗れたため、宇都宮ブレックスの4季ぶり2度目の地区優勝が決まった。ブレックスは17日の富山戦に戦ち、優勝マジックを1としていた。

 ブレックスは通算46勝9敗。残り5試合に全敗してもリーグ2位以内の勝率が確定し、上位8チームで争うチャンピオンシップ(CS)の準々決勝、準決勝のホーム開催権を確保した。

...    
<記事全文を読む>