17日、水戸市のアダストリアみとアリーナなどで行われ、東地区4位の仙台は2位の茨城に93-102で敗れた。5位の山形は6位の福島を91-73で破り、青森は10連敗となった。
 仙台が後半に逆転を許し連勝が5で止まった。第3クオーターに外からの攻撃が効いて鎌田の3点シュートなどで最大11点差をつけたが、次第に守備が緩んで茨城の攻めを許す展開が続いた。第4クオーターにかけて11連続失点を許して試合をひっくり返された。

 

茨城(38勝13敗) 102/18―22/93 仙台(32勝21敗)
               27―24
         ...    
<記事全文を読む>