プロバスケットボールBリーグ1部の琉球ゴールデンキングスは17日、新型コロナウイルスの影響で中止となっていた西地区2位のシーホース三河対京都ハンナリーズの代替試合が組まれなくなったことを受け、キングスの西地区優勝が決まったと発表した。三河の残り試合日数が減り、キングスの勝率を上回る可能性がなくなったため。

 キングスは17―18シーズンから4連覇となり、今季のチャンピオンシップ(CS)クオーターファイナルはホームの沖縄アリーナで行うことも決定した。

 キングスは「難しい社会情勢の中で連続優勝することができたのは、多くの方々の温かい応援のおかげ...    
<記事全文を読む>