バスケットボール男子Bリーグ1部(B1)の信州ブレイブウォリアーズは17日、2選手に新型コロナウイルスの陽性反応が出たと発表した。信州の関係者が陽性判定を受けたのは初めて。17日に続き、千曲市ことぶきアリーナ千曲で18日に予定していた三遠戦も中止が決まった。

 リーグは16日、信州が14日に対戦した京都の選手らに新型コロナの陽性反応が出たと発表。信州の選手、スタッフが濃厚接触者として17日に抗原検査とPCR検査を受け、2人の陽性反応が確認された。信州によると、ともに無症状で、この日から自宅療養している。

 チームは当面の活動を取りやめ、再開時期は保健所の指示、指...    
<記事全文を読む>