迷いのない動きが堅守に穴をあけた。前半6分、鳥栖の林が前線へ駆け上がり、左クロスを頭で合わせて先制。名古屋のJ1連続無失点記録を823分で止め、相手の今季初黒星を呼んだ一撃に「数少ない隙を狙っていた」と声を弾ませた。

 

 開幕5試合で3得点の勢いが評価され、3月末に東京五輪世代のU-24(24歳以下)日本代表に初招集され、アルゼンチン戦で1得点。しかしチームに戻って得点から遠ざかると無意識にゴール前で待ち構えるようになった。

 勢いを持ってクロスに飛び込んだ先制点の動きは、金明輝監督からの助言だった。持ち味を取り戻した林は「チームの中心としてもっと勝た...    
<記事全文を読む>