J1広島は18日、アウェーで川崎と対戦する。リーグ屈指の攻撃力を誇る首位封じに燃えるのは、東京五輪代表候補のGK大迫だ。「たとえ押し込まれる時間が続いても、粘り強く守って勝機を見いだしたい」と意欲を見せる。

 14日のアウェー名古屋戦では、相手のCKに飛び出したがボールに触れることができず、失点に結び付いた。「ボールの軌道を見て冷静に判断すべきだったが、トライしたのは前向きに考えている」と気持ちを整理。15日以降、静岡県内で続けてきた練習では連日、居残り練習を重ね、キャッチング技術を磨いてきた。

 「名古屋戦の反省をしっかり生かしたい。勝って自信につなげたい」と...    
<記事全文を読む>