サッカーJ2松本山雅FCは第八節の十七日、松本市のサンプロアルウィンでヴァンフォーレ甲府と対戦し、3−3で引き分けた。
 山雅は一勝四分け三敗の勝ち点7で、順位は十九位に上げた。前半に3失点したが、FW鈴木国友選手のハットトリックで引き分けへ持ち込んだ。
 山雅は前節から先発を二人入れ替え、3バックで臨んだ。立ち上がりに鈴木選手のゴールで先制するも、前半だけで3点を失った。苦しい展開となったが、後半に鈴木選手が2得点して勝ち点1をもぎ取った。
 次節は二十一日、松山市のニンジニアスタジアムで愛媛FCと戦う。

FW鈴...    
<記事全文を読む>