来日後の隔離期間を終えた横浜DeNAのエスコバーが日本ハムとの2軍戦に登板し、1回無失点だった。

 安打と四球で無死一、二塁のピンチを背負うも、連続三振と内野ゴロで切り抜けた。直球の最速は155キロ。三浦監督は1軍の合流時期を明かさなかったが、「徐々に全員がそろいつつある。みんなでしっかり戦っていくだけ」と期待感をにじませた。

...    
<記事全文を読む>