日本ハムは打線が機能せずに逆転負け。一回に近藤の1号ソロで先制したが、二回以降は散発の5安打とつながりを欠いた。1軍初登板の新外国人アーリンは先発で2回1失点。2番手の金子も5回2失点と粘投したが、三回に勝ち越しを許した。楽天の早川は8回1失点で2勝目を挙げた。

...    
<記事全文を読む>