日本ハム打線はまたも、楽天ルーキー左腕の早川を攻略することができなかった。

 早川は開幕3戦目で6回無失点に抑えられプロ初白星を献上した相手。「この前あれだけ完璧にやられて何も手を打たないわけにはいかない」(栗山監督)と、近藤以外は右打者を8人ずらりと並べ、2番には好調の高浜を据えた。

 しかし、ストライク先行で四球もなくテンポ良く投げ込む早川に翻弄(ほんろう)される。頼みの高浜は三回2死二塁で、落差のあるチェンジアップで三ゴロに倒れ、八回2死一塁では内角高め速球で空振り三振に打ち取られた。終わってみれば、わずか107球でプロ最長の8回を投げさせ、得点は近藤のソ...    
<記事全文を読む>