横浜DeNAの三浦監督が貧打解消へ打線のてこ入れを図った。18日の巨人戦の試合前に「いかに得点力を上げていくかを考えて多少変えた」と説明。2番に宮崎を入れ、5番にチームトップの得点圏打率を誇るルーキー牧を起用。本調子ではないソトを6番に下げた。

 ここ8試合で最多3得点と好機で一本出なかったベイ打線。新オーダーで何としても9連敗を阻止する。

   ...    
<記事全文を読む>