ルートインBCリーグは17日、福島県郡山市のヨーク開成山スタジアムなどで2試合が行われ、中地区の信濃グランセローズは同地区の福島に4―3で競り勝ち、今季初白星を挙げた。

 信濃は1―1で迎えた四回、小西、新井の連打と四球で無死満塁の好機をつくると、会田の一ゴロの間に三走・小西が生還して勝ち越し。その後の2死二、三塁から、古屋の右翼への二塁打で2点を加えた。先発佐渡は7回3失点と粘投し、佐々木とクインティンの継投で反撃を断った。

 信濃は18日、午後1時から長野オリンピックスタジアムで同地区の新潟と対戦する。信濃の予告先発は鈴木。

...    
<記事全文を読む>