西武は17日、ドラフト6位ルーキーのブランドンを出場選手登録し、日本野球機構(NPB)から公示された。

 東農大北海道オホーツクから入団したブランドンは開幕1軍入りし、3月30日の日本ハム戦(札幌ドーム)でプロ初安打初打点となる1号2ランを放っていたが、4月2日に頭痛と倦怠感を訴えて熱中症と診断され、同3日に出場選手登録を抹消されていた。

 代わって岸が出場選手登録を抹消された。

...    
<記事全文を読む>