野球独立リーグ・ルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスは8日、本拠地を置く小山市向野の小山運動公園周辺で美化活動を行った。

 17日のホーム戦を前に、ファンらに気持ちよく来場してもらおうと初めて実施。7日と2日間にわたり、選手たちがごみ拾いやのぼり旗の設置を行った。

 佐野市出身で今季加入の長南有航(ちょうなんゆうこう)内野手は「きれいになった球場で、たくさんの人に自分の持ち味の長打を見てほしい」と来場を呼び掛けた。

...    
<記事全文を読む>