バレーボールV2男子のヴォレアス北海道(旭川)が2年連続となるリーグ2位を確定し、V1下位との入れ替え戦出場を決めたことを受け、地元からは喜びと安堵(あんど)の声が上がった。チームは昨季、新型コロナウイルス流行で入れ替え戦中止の悔しさを味わっただけに、「ここからが始まり」と1年越しの悲願達成へ闘志を燃やす。V1昇格を懸けたチャレンジマッチは4月3、4の両日、船橋アリーナ(千葉県)で行われる。

 日本バレーボールリーグ機構(Vリーグ機構)は17日、新型コロナの影響で未消化となっていたV2リーグ25試合の開催中止などを発表。これによりヴォレアスは15勝3敗(2試合中止)の勝率0...    
<記事全文を読む>