駅伝の県市郡対抗in残波岬は21日、残波岬公園内を周回するコースで行われ、競技の部(9区間、37・5キロ)で那覇市が2時間11分01秒で優勝した。浦添市が2時間11分13秒で2位。沖縄市Aが2時間15分09秒で3位だった。オープンの部(8区間、30キロ)でも那覇市が1時間33分54秒で栄冠をつかんだ。


 今大会は、2019年に終了した「沖縄一周市郡対抗大会」の代替大会として開催された。同大会は県内陸上競技の強化などを目的に1978年に始まり、19年2月の42回大会を最後に廃止された。

...    
<記事全文を読む>