パラ陸上の日本選手権最終日は21日、東京・駒沢陸上競技場で行われ、男子走り幅跳び(義足T64)で又吉康十(名護高―帝京平成大出、ゼンリンDC)が6メートル03を記録した。女子1500メートル(T53・54)の喜納翼(タイヤランド沖縄)は4分06秒74だった。ともにエントリーは1人でトップ記録となった。男子200メートル(脳性まひT37)の石垣喜人(日本福祉大)は4位、800メートル(車いすT54)の城間圭亮(シーズアスリート)は5位だった。

...    
<記事全文を読む>