集大成のシーズン。滑り出しは上々のようだ。陸上女子100メートル障害の第一人者、木村文子(エディオン)が、17日に大阪市で開幕した室内日本選手権に出場。女子60メートル障害で2位に入った。
 昨年の大会はほぼ不出場。国内トップ級とは約2年ぶりのレースにもかかわらず、日本記録保持者の寺田明日香(パナソグループ)らに先着するなど、32歳のハードラーは存在感を見せつけた。
 初めて見たのは祇園北高1年の2004年だった。広島県高校総体で1年生ながら100㍍障害を制し、走り幅跳びも3位。強烈なばねは印象に残っていて、将来がとても楽しみだった。横浜国大を経てエディオンに入社。...    
<記事全文を読む>