新型コロナウイルスの影響でスポーツイベントの中止が相次ぐ中、横浜で唯一の市民参加型マラソン「横浜マラソン2021」を10月31日に開催する方向で検討していることが3日、横浜市への取材で分かった。コロナ対策として、オンラインマラソンを併催することでランナー数を例年より約3割減らすほか、密を避けるためにルートを一部変更することなども視野に入れているという。

 昨年11月1日に予定していた大会はコロナの影響で中止しており、実現すれば2年ぶりの開催となる。市や県などで構成する組織委員会が感染状況を踏まえて協議し、開催の可否を3月中に発表する。開催する場合は4月初旬からエントリーを受...    
<記事全文を読む>