野球独立リーグ・ルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブス(GB)は24日、群馬県の高崎市城南野球場で群馬と今季3試合目のオープン戦を行い、0-9で敗れた。

 栃木GBは先発の内林瑞貴(うちばやしみずき)が初回に3点本塁打を浴びるなどして5回6失点で降板。六回から2番手で登板した元ヤクルトの村中恭兵(むらなかきょうへい)は2回を無失点に抑えたが、八回に登板した3番手成瀬善久(なるせよしひさ)は3連続長短適時打を許して3点を奪われた。

 打線は初回に叺田本気(かますだもとき)、若松聖覇(わかまつせいは)の連続長短打で1死二、三塁、八回も2死満塁の好機をつくった...    
<記事全文を読む>