SUBARU(スバル)陸上部に、実業団のNDソフト(山形)で主将を務めた照井明人(26)が移籍した。前チームでエースとして活躍し、5000メートル13分42秒14、1万メートル28分8秒29の自己ベストはスバルでも日本人トップのタイム。20年間続いた全日本実業団対抗駅伝(ニューイヤー駅伝)出場を逃し、今年立て直しを図るスバルに頼もしいランナーが加わった。

 苦しくなってからの粘り強さが持ち味。自身で長い距離への適性を感じ取り、今後はマラソンで日本代表を目指す。移籍は、より強くなれる環境を求めた決断。「送り出してくれた前のチーム、受け入れてくれた今のチームに恩返しす...    
<記事全文を読む>