大阪国際女子マラソンは31日、大阪市の長居公園周回コースで行われ、東京五輪代表の一山麻緒(ワコール)が2時間21分11秒で初優勝した。2004年アテネ五輪金メダリストの野口みずきが05年9月にベルリンでマークした2時間19分12秒の日本記録更新はならなかった。

 同じく東京五輪代表で、一昨年9月の五輪代表選考会「マラソングランドチャンピオンシップ」(MGC)以来のフルマラソンに臨んだ前田穂南(天満屋)は自己ベストを18秒更新する2時間23分30秒で2位だった。3位に阿部有香里(しまむら)が入り、谷本観月(天満屋)は2時間31分7秒で9位。

 ...    
<記事全文を読む>