日大藤沢のエース右腕清水虎は6回2失点の粘投。初回に失点を許すも、140キロ台の直球とスライダーを決め球に毎回の12三振を奪い、「立ち上がりは悪かったが、うまく修正できた」と振り返った。

 中学3年時に横浜市選抜の「横浜クラブ」で投手として全日本少年軟式野球大会8強入りに貢献。昨秋は制球難に悩んだが、「内角を攻めた時にびっくりした打者の顔を見ることができてよかった。自信にしたい」と手応えを口にした。

...    
<記事全文を読む>