高校野球の春季県大会(県高野連主催、神奈川新聞社など後援)第4日は18日、等々力球場など5会場で3、4回戦8試合が行われ、東海大相模や横浜、横浜創学館、横浜商(Y校)などがベスト8進出を決めた。

 この日唯一の3回戦では横須賀学院が旭丘を6─4で下し、1997年以来となる夏のシード権を獲得した。

 第5日は20日、サーティーフォー保土ケ谷球場で、4回戦の残り1試合の向上─横須賀学院(試合開始午後2時)を行う。

...    
<記事全文を読む>