24日に大分市などで開幕する高校野球の春季九州大会(第148回九州大会)の組み合わせ抽選会は15日、同市であった。県勢は2回戦から登場し、県大会を制した日南学園は大会第1日の24日午後3時から今春の選抜大会で準優勝の明豊(大分)と、52年ぶり選抜大会出場の宮崎商は大会第2日の25日午前9時30分から東海大熊本星翔と対戦する。

...    
<記事全文を読む>