4月上旬に柔道の二つの国際大会に出場した東京五輪男子代表で100キロ超級の原沢久喜(百五銀行)、100キロ級のウルフ・アロン(了徳寺大職)、90キロ級の向翔一郎(ALSOK)が11日、オンラインで報...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) 柔道TOPへ