柔道のアジア・オセアニア選手権(6~9日・ビシケク=キルギス)に出場する東京五輪男子60キロ級代表の高藤直寿(パーク24)が1日、成田空港から出発し、昨年2月以来の実戦へ「長い間試合が空いてしまった...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) 柔道TOPへ